働きやすい環境を整える

最近は、結婚をしても仕事を続ける女性が多くなっている。理由としては、仕事が好きだから・経済的な事情からなど、さまざまだ。共働きでも、夫婦2人だけであれば特に問題になることはないだろう。
しかしながら、妊娠と出産を経て子供が生まれると、状況が一転する。幸せではあるが、家事に加えて子育てにもかなりの手間がかかるのだ。特に、働く女性にとっては大きな問題となってしまう。仕事と家事、さらには子育てが加わるとなると、仕事と家庭を両立することが難しくなる。それゆえ重要になってくるのが、旦那さんをはじめとする家族の協力だ。何もかも一人で抱え込まずに、ある程度は任せるのも大切となる。家事や子育ては女性だけの役割ではなく、旦那さんである男性も果たすべき仕事だろう。最初に話し合いをして役割を決めておくと、かなり働きやすくなるはずだ。共働きをしている以上、家事に対する責任は男も女も同様といえる。そのようなことから、女性にとって働きやすい環境をあらかじめ作っておくことだ。最初にすべてを引き受けてしまうと、それで当然・やってもらって当たり前といった認識になってしまう。そのため、両立させるためには最初に役割を決めることをおすすめする。
仕事をする・働くということは、単に収入を得るだけではない。自分を表現したり、やりがいを感じたり、毎日の張り合いにもつながったりもするので、可能な限り続けたいものだ。ただ、そのためには自分にとって働きやすい環境を整えることも重要である。そのためには、家族の協力が欠かせない。