働く女性の仕事と家庭の両立

近年、役員や管理職に就く女性が増えてきていることがニュースになるなど、女性の仕事上での責任はより一層増している。そんな中、地域によっては保育園が足りず、待機児童の問題も表面化しはじめているようだ。このような状況の中、働く女性はどういった生活スタイルを確立すれば仕事と家庭の両立が果たせるのだろうか。
1つは、旦那さんとの家事分担といえる。よくある「ゴミ捨ては旦那さんの仕事」というレベルではなく、しっかりと分担することだ。例えば、洗濯物は干してから畳むまでが旦那さんの仕事というように、家事のいくつかを丸々任せてしまってもいいだろう。子供がいる場合は、どうしても子供が中心になる。そのため、子供の世話は女性・それ以外のことは旦那さんに任せるなど、しっかり決めてしまうことだ。また、会社とよく話し合い、働き方の見直しをするのもいいだろう。仕事の上がりの時間を少し早い時間に変えてもらったりするのも1つの方法である。その他、スポット的に家事代行サービスやベビーシッターなどを上手く活用することも視野に入れると、両立がしやすい。ずっと全力で走り続ければ、肉体的にも精神的にも必ず疲弊してしまう。たまにホッと一息いれることが、両立を長く続けられるコツといえる。
今後も、家庭の面でも仕事の面でも、女性への期待が大きくなるのは間違いないだろう。能力のある女性が仕事で力を発揮することは、社会にとっても大変いいことだ。周りのサポートを受けられるよう、しっかりと準備をしておくことが重要となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です