親の協力を得ながら働く

働きながら結婚がしたいという女性にとって、支えてくれる大切な存在といえば親である。仕事と家庭を両立する上で利用できるサービスは、保育園からホームヘルパーまで多様に存在している。その中でも、身内は最も信頼できる存在だ。
働く女性にとってありがちな問題といえば、残業である。自分も旦那さんも帰宅が夜遅くなる場合、保育園で預かってもらえる時間を超えてしまうため、子供を預けることができない。そのような時、何よりも頼れるのは親だ。親が保育園へ迎えに行けるのであれば、残業になってしまった時でも安心できる。また、子供が小学生の場合、親に子供を家で見ていてもらえれば、防犯上も安全といえるだろう。親が遠方で暮らしているという人は、親との同居を選択するのもいいかもしれない。同居であれば、残業の時だけでなく自分が休日出勤することになったとしても安心だ。また、仕事と両立しなければならないのは、育児だけではない。毎日の生活の中で、家事もこなさなくてはならないのだ。働く女性の最も大きな強みは、経済力である。そのため、二世帯住宅を建てて親と同居することを考慮してもいいだろう。
もし親との同居が望めない場合は、家で留守番をしている子供の生活を守るために、住宅に防犯システムを搭載するのもおすすめだ。こうしたシステムの中には、家の外にいながらスマートフォンなどを使用して、屋内の様子をチェックできるものもある。子供に連絡をとらずに安全を確認できるので、便利なシステムといえるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です